1. トップページ
  2. 転職エージェントを活用する
  3. 転職エージェントへの登録から利用までの流れ

転職エージェントへの登録から利用までの流れ

これまで転職エージェントを使ったことがない場合、
どのような流れで転職活動が進むのかがわからないはず。

先の見えない方法で転職活動を進めることほど不安に感じることはないので、
エージェントを利用したときに、どんなステップで進んでいくのかを紹介します。

具体的な流れは以下の通り。

リクルートエージェントHP

登録はインターネットから!
5分もあれば登録することができる!

1.Webから登録
一般的に登録はインターネット。ここで登録する内容は個人情報・職歴・スキル・資格・希望条件など。ここで登録した内容で完全決定となるわけでなく、登録後にも情報は修正できる。注意点としては誤った情報や嘘の情報を登録しないこと。嘘の情報もすぐにわかるので意味がない。

2.エージェントから連絡が来る
登録が完了するとメールか電話でエージェントから連絡が来る。この段階では面談・カウンセリングの日程調整についてであり、いきなり求人情報を紹介されることはない。

3.面談・カウンセリングへ
転職者がエージェント会社に行き、担当者と挨拶・面談。履歴書・職務経歴書に書かれていることの確認や、志望動機・希望条件、現在の活動状況などのヒアリングを受けアドバイスをもらえる。1時間30分~2時間程度の時間を想定していればOK。

4.求人案件の紹介
一番始めに登録した内容とカウンセリングのお情報を合わせて求人情報を紹介してくれる。紹介タイミングはカウンセリング時にすぐに教えてもらうこともあれば、後日電話やメールで連絡されることもある。紹介された求人の選考を必ず受けなければいけないわけではないため、条件に合わない場合は断っても良い。

企業によっては書類選考が免除されることもあります!

5.応募企業へ推薦
紹介された求人情報のなかで条件にあったものが見つかれば、選考へと進むことをエージェントに連絡。エージェントから企業に推薦してもらい、書類選考へと進むこととなる。事前に必要書類を提出している場合、わざわざ書類を提出することなく、エージェントがその情報を転職先へ連絡してくれるケースもある。また、書類選考が免除されることもある。

6.面接を受ける
企業側があなたと会いたいと考えたら面接選考へと進んでいく。面接を受ける前には事前に打ち合わせをしてどのようなこと面接日程の調整はエージェントがしてくれるため、あなたは候補日を出して待っていればOK。を伝えるべきかなどの整理をしておくと良い。エージェントからのアドバイスも受けられる。なお、次の選考ステップへと進むときもエージェントから日程の連絡が入る。

7.内定を得る
選考に通過すれば内定をもらえる。この内定の連絡もエージェントから入る。内定後に勤務条件や入社日との調整をすることとなる。企業側の要望もあるが、とりあえずは自分の希望を伝えてエージェントに交渉してもらうと良い。

8.労働契約を結ぶ→入社へ
年収、入社日などが決まったら最終的にその条件で労働契約を結ぶこととなる。この最後の調整・資料の準備などもエージェントがフォローしてくれるため、相談をしながら最終的に条件を確定すれば良い。これが終われば、エージェントとの転職活動も終了する。

と、このようにエージェントを利用することで、あなたがやるべきことの多くを代理でやってもらえるようになる。これにより仕事をしながらでも転職活動を効率的に進められるようになるのだ。(書類選考の免除なども大きい)

早速、転職エージェントに登録してみよう

では、早速転職エージェントに登録していこう。
今回はリクルートエージェントを参考に説明していく!

所要時間は5分!(もかからない)

Step.1 登録する会社のサイトにアクセス

Step.2 現在(前職)の仕事内容を登録

Step.3 個人情報・語学スキル・転職先の希望条件を登録

Step.4 登録したい内容の確認

Step.5 登録完了!

Step.6 登録が完了したら、完了のメールが届きます

この流れで登録を進めていけばOK。(※基本的に他のサイトも登録の流れは同じ。)
簡単に登録を終えることができるため、悩んでいるのであれば、パパッと登録してしまおう。


このエージェントを利用せよ!

新しい転職サイト

転職大手インテリジェンスが新しくはじめたMIIDAS(ミーダス)。 簡単入力で、今の自分のリアルな市場価値がわかる。

さらに、「どんな経歴の人が、どんな仕事に、年収どれくらいで転職できたか?」も丸わかりになる。

転職成功までのステップ

転職エージェントを活用する

履歴書・職務経歴書の書き方

面接のテクニック

職種ごとの転職対策

転職を考える前に知っておくべき事

当サイトについて