1. トップページ
  2. 転職エージェントを活用する
  3. 転職エージェントに登録するメリット・デメリット

転職エージェントに登録するメリット・デメリット

転職エージェントは登録すべきだが、
メリットとデメリットがあることは登録前に覚えておこう。

転職エージェントを利用することで得られる5つのメリット

・一般公開されていない非公開求人が80%

転職エージェントが求人の80%を持っている

求人情報の80%は転職エージェントが持っている!これを手に入れなきゃ、転職は無理!

求人情報は求人サイト、ハローワーク、フリーペーパーなどで手に入れることができるのだが、それらを合わせても全求人情報の20%しか手に入れることができない。

実は残りの80%はエージェント会社が握っているのである。

転職はどれだけ条件に合った求人情報を、数多く手に入れられるかによって、成功するかが決まるため、この80%の非公開求人情報は確実に手に入れられるようにしておきたい。

・マッチングを測り、企業を紹介

転職サイトなどで求人情報を見ても、希望条件やキャリアビジョンにあったものはなかなか探すことができない。やはり、自分で調べると画一的な検索しかできないからである。

エージェントは希望条件にあったものを様々な業界・職種から紹介をしてくれるため、自分の気づかない可能性にも気づかせてくれる。また、紹介してくる情報は採用される可能性が高いため、内定を得やすいというメリットもある。

・企業の社内雰囲気・裏情報を教えてくれる

エージェントは求人の募集条件を決めるため企業の経営層や人事部と直接話をする。
そのときに社内の雰囲気など、ネットだけではわからない情報を手にすることができる。

実は、、、この情報はかなりでかい。
職場先の雰囲気を知るのは、働き先として決めるときにも大きな要素となる。

これは自分で求人サイトを使った転職活動では知り得ないため、
かなり大きなメリットと言える。

・応募書類・面接のアドバイス

プロからのアドバイスはかなり役立つ!!

基本的には応募書類に記載する内容や、面接で伝える内容は自分で考えなければならないのだが、これを自分一人で考えるとどうしても企業のニーズにあっていなかったり、自己満足の内容になってしまうことが多い。

エージェントは冷静な視点からアドバイスをしてくれる。
このアドバイスを活用することで、選考に通過できる確率がグッと近づくことになる。

・面接日程・給料・入社時期などの調整

仕事をしながら転職活動をしていると、忙しくて企業との面接日程の調整がスピーディーに行えないケースが多い。また給料や入社時期など直接交渉するには言いづらいことも多い。

このようなときにエージェントに間に入ってもらい、
企業との調整・交渉を進めてもらえるのは非情に助かる。

転職活動はスピード感も重要。

サポートを受けられるものは全て利用することで、
テンポ良く進めていくことを心がけよう。

事前に知っておくべき3つのデメリットと改善策

・微妙に希望にあってない求人も紹介
先ほども書いたとおり、エージェントはあなたが気づいていない可能性も含め、あらゆる角度から求人情報を紹介してくる。とはいえ、エージェント会社は転職者を採用してもらうことによって、はじめて報酬をもらうことができるビジネスである。

そのため、少しでも可能性があると感じた求人情報に対しては
どんどん転職者に紹介してくる傾向がある。

なかにはあなたの希望条件に合っていないハズレの会社も紹介してくることもあるのは事前に知っておこう。

・無理に転職を進めてくるケースも
エージェントの中には転職者のことを考えず、自分の営業成績を出すために内定をもらいやすい企業から紹介してくる人もいる。また転職を悩んでいる人に対しては、少し強引に転職することを進めてくるエージェントもいると話も聞いたことがある。

こうしたエージェントは営業力があるため、言うことを聞いていれば内定をもらえる可能性は高まるが、人によっては肌に合わず不信感を感じることもあるに違いない。

・サポートスキルはエージェント次第
転職者に対するアドバイスはエージェントごとに任せられている。

そのため、何年もその仕事をしているベテランの人に当たれば、それだけ業界の知識や転職のテクニックを知っているため、的確なアドバイスを受けることができる。

逆に入社して間もないエージェントに当たると、経験不足のために不適切なアドバイスをされることもある。正直これは運次第であり、しょうがない。ただ、エージェントの利用目的をアドバイス重視で考える人にとってはかなりのデメリット。

転職活動において、転職エージェントを使わない手はない。
これは間違いない。

信頼できるエージェントを厳しく選ぼう!

とはいえ、デメリットを知らないことで、相性の悪いエージェントとずっと転職活動をしなければいけないのは危険なことであり、このままの状態が続くと1年近く内定をもらえないということもあり得る話となる。

そのため、自分と相性が悪いと感じたら、すぐにエージェントを変えてもらうか、他の会社を探すなどの対策を取ることをオススメする。

転職のプロといっても、所詮は同じ社会人。
キャリアによっては良い・悪いもあるということを理解した上で、上手に活用していこう。

さぁ、この点も踏まえつつ転職エージェントの登録へと進んでいこう

→転職エージェントへの登録から利用までの流れ


このエージェントを利用せよ!

新しい転職サイト

転職大手インテリジェンスが新しくはじめたMIIDAS(ミーダス)。 簡単入力で、今の自分のリアルな市場価値がわかる。

さらに、「どんな経歴の人が、どんな仕事に、年収どれくらいで転職できたか?」も丸わかりになる。

転職成功までのステップ

転職エージェントを活用する

履歴書・職務経歴書の書き方

面接のテクニック

職種ごとの転職対策

転職を考える前に知っておくべき事

当サイトについて