1. トップページ
  2. 転職エージェントを活用する
  3. 役に立たない担当者はスグにチェンジせよ!

役に立たない担当者はスグにチェンジせよ!

どんな転職エージェント会社に登録しても、使えないダメな担当者が担当に付いた瞬間、
転職成功率はガクッと下がる。優秀な担当者に当たれば、成功率はグンと上がる。

エージェントの見極めが成功を大きく左右する!

担当者の見極めはとても重要なポイントなのだが、
優れた担当者とダメな担当者の違いは、どこに現れてくるのだろうか?

このページでは優秀な人とそうでない人の特徴をまとめている。

優れた担当者を見極め4つの特徴とは?

1.求人情報だけでは知り得ない独自の情報を持っている

転職希望先の企業に対して、社内の雰囲気であったり、人事部の特徴、会社の経営者から聞いた風土・経営方針など表面的な情報だけではない+αの情報を持っている人はかなり優秀。転職先は募集要項だけを見て決めるものではない。見えない部分の情報も教えてくれて、その会社の善し悪しを判断させてくれる人は当たりである。

2.業界に精通している

希望する業界の過去・現在・未来の展望について説明できる人、これもかなりの高評価である。特にその業界の先々の展望を教えくれると、転職先の選択の決定打になるだけでなく、選考における志望動機としても役立てることができる。できる限り希望する業界に対して専門的な知識をもつ人を担当者として希望しよう。

3.スピーディーに対応してくれる

転職活動はスピードが重要。企業は良い人材が見つかったらすぐに募集を終了する。だから、あなたの要望に対してすぐに動いてくれる人は当たりと言える。メールや電話のレスポンスが早い人も当たり。面接日程などを調整するときでも、レスポンスが早い人だと日程の確保がスムーズで忙しいビジネスマンにとってはかなりありがたい。

4.相性が良い

最後はあなたとの相性、これに尽きる。どれだけ役立つことを教えてくれても、話し方や雰囲気などで不快感を感じるような人とは一緒に相談しながら転職活動をするのは難しい。逆に相性が良ければ、積極的に相談や連絡を取り合えるのでプラスの要因となる。自分のフィーリングを大事にして相性を見極めよう。


次にダメな担当者の特徴を紹介する。

“使えない”ダメ担当者の特徴3つ

1.自分の営業成績ばかり考えている

転職エージェントは無料で利用できるすばらしいサービスだがボランティアではない、ビジネスだ。担当者は自分の営業成績も考えている。これは当然のことなのだが、度を過ぎる人はダメ。例えば、自分の希望する条件にほとんど合わない企業ばかり紹介してくる人、選考が順調に進むと、こっちが入社を迷っていてもお構いなしに入社を進め人などである。こんな担当者は利用者のことよりも、自分の利益ばかりを考えているので、満足いく転職活動をする上では使えない存在と言える。

2.会社のメールアドレスに連絡してくる

転職者が一番初めに登録したアドレスが会社のアドレスであることも問題ではあるが、優れた担当者なら会社のメールアドレス宛には連絡しない。あなたの転職活動が今の会社にばれて立場を失ってしまうリスクがあるからだ。これはかなり問題となる行動で配慮ができないダメ担当者。

3.仕事中に電話をかけてくる

日中は仕事をしているということを知っているにも関わらず、その時間帯に平気で何度も電話をかけてくる無神経な奴。緊急で連絡を取りたい時や、どうしても急ぎで提案したいこともあるので、これはしょうがないにしても、それ以外で仕事中に頻繁に連絡してくる担当者は相手の気持ちを理解していない人。転職において役立つアドバイスをしてくれることも少ない。

このような転職する人の置かれた状況や気持ちを考えずに行動する担当者はハズレ。
担当者のハズレは非常に危険で、転職の成功率が著しく下がる。

もし、このような担当に当たってしまった場合は即チェンジすればよい。

遠慮せずハッキリと「担当変えてくれ」と伝えよ

役に立たない担当者に当たったなと思ったら、はっきりと変更を希望を伝えれば良い。
本人に対して直接伝えるのでも、窓口となる部署にメールで伝えてもOK。

その場合、どうして変更を希望するのかを具体的な理由も伝えるのが望ましい。

  • 「仕事中に連絡されるのは困ると何度伝えても携帯に電話が入る」
  • 「私用のメールアドレスを伝えてあるのに、間違えたといって何度か会社のアドレスに連絡が来た。今の会社に転職活動をしていることは隠している。注意が足りない方とはうまくやれそうに無い」
  • 「自分の希望に沿った提案がもらえない。自分の希望よりも就職しやすそうなところばかりを勧められているような気がする」

など、不満に思う事を素直に伝えれば良い。

使えないエージェントは担当変更を!

役に立たないエージェントに対しては、勇気を持って変更を伝えよう。でなければ、転職は上手くいかない!

理由もなく担当変更をお願いすると、「ただのわがままなやつだな」と転職エージェントからあなたに対する評価を下げられてしまうことがある。最悪の場合こちらに非が無いのに登録を外されるということもあるので、この点には要注意だ。

優れた担当がつくかどうかで転職活動の行方が大きく変わる。担当者はキーポイントなので、ここでの妥協はしないほうがいい。

・・・とはいえ、こちらが担当者を見極めるだけではない。
担当者もあなたのことを評価しているということを忘れてはいけない。

担当があなたを見極めるのはキャリアや実績だけではない。「人としての資質」も見ている。

では、担当者が「こいつはダメだな・・・」と思うのはどのような人材なのか?
自分がそうなっていないかも含め、確認していこう。

担当者に嫌われるダメな転職者とは?

そもそもの態度が悪い人は論外であるということを前提に、印象が悪い人の特徴を紹介する。

1.本音を言わない人

担当者とは一蓮托生で進んでいかなければいけない。そのため、希望する業界や年収など、要望・考えていることは全て担当者とシェアするべき。しかし、自分では考えていることがあるにも関わらず上っ面の体裁を保つために嘘をついたり、わからないことを「わかる」と言ったり、本音で接してくれない人は、どうにサポートをして良いかわからず、担当者は嫌う。

2.メールや提出資料のレスポンスが遅い人

面接日程に対して返信がない人や、提出資料の期限を守らない人というのはビジネスマンとして評価が下がる。特に転職活動はスピード重視。レスがなければそれだけ他の人が優先的に面接日程を押さえ、選考も進むことになる。にも関わらず、レスが遅く、挙げ句の果ては「エージェントがサポートしてくれない」などと言い出す。このような人には自然と求人情報が紹介されなくなる。

3.面接後の報告がない人

面接後にはどのような質問をされて、どのような回答をしたのか?また、面接を受けてみての印象などを報告する必要がある。この報告がなければ担当者は企業に対してフォローすることもできなければ、あなたに対して的確なアドバイスをすることもできない。最終的には「あぁーこの人は転職する気がないんだな・・・」と判断されてしまう。

4.後々になって希望する条件が変わる人

本来の流れは選考を受ける前に希望する入社日や給料などの希望を伝え、その情報を担当者が企業に伝える。しかし、事前に希望を言わずに、選考が進んでから「やっぱり給料は●●万円欲しい」「入社日を1ヶ月送らせて欲しい」と要望してくる人がいる。担当者はあらかじめ条件にあった人を企業に紹介しているので、あとから条件を変えられるのを嫌う。企業との交渉がしづらいからだ。また後から要望に追加がある人は企業に対しても悪い印象を与えてしまう。前もって自分の希望する条件はきちんとまとめておくことを心がけよう。

転職エージェントは無料で利用できるサービスだが、タダだからと、ワガママに無理難題を押しつけたり、失礼な態度を取るのはもってのほか。担当者(キャリアアドバイザー)も人。嫌われてしまえば、その転職者に対して求人情報の紹介をしたいとは思わなくなる。

求人情報の紹介が減ってしまえば、結果的に内定は遠のく。
転職エージェントのビジネスとしても割のあわない、時間をかける価値が無い人になってしまう。

Win=Win

転職者とエージェント共にメリットのある関係を築くこと。エージェントの利用ではこのWin=Winの関係が一番に求められる!

こんな事にならないよう、素直に真剣に担当者と相談してほしい。
使い方を間違えずに利用すれば、転職活動においてエージェントほど心強いアドバイザーはいない。こんなすばらしいサービスが無料で使えるのだから上手く使ってほしい。

目指すのはWin-Winの関係。
Win-Winとは「転職エージェント(担当者)も、あなたもどちらもプラスになる」ということ。

使えない担当者とあなたが判断すればチェンジを申し出ればいい。あなたのプラスにならないから。
転職エージェントから「ダメだ」と思われたら紹介が減る。エージェントのプラスにならないから。

お互いに良い結果を得られるように、対等な立場でタッグを組んで万全の体制で転職活動に臨んでもらいたい。


このエージェントを利用せよ!

新しい転職サイト

転職大手インテリジェンスが新しくはじめたMIIDAS(ミーダス)。 簡単入力で、今の自分のリアルな市場価値がわかる。

さらに、「どんな経歴の人が、どんな仕事に、年収どれくらいで転職できたか?」も丸わかりになる。

転職成功までのステップ

転職エージェントを活用する

履歴書・職務経歴書の書き方

面接のテクニック

職種ごとの転職対策

転職を考える前に知っておくべき事

当サイトについて