1. トップページ
  2. 転職エージェントを活用する
  3. 転職エージェントって?

転職エージェントって?

転職エージェント会社

転職には転職エージェントの存在が不可欠!

このサイトには何度もこのフレーズが登場しているが、そもそもどのようなものかを知らない人にとっては、どういうサービスを受けられるのか?どういう仕組みになっているのかもわからない人が多いだろう。

転職エージェントとは
正式名称「有料職業紹介事業所」と呼ばれるビジネス。

厚生労働大臣から認可を受けた斡旋を目的とした会社のことを言い、「人材紹介会社」や「人材バンク」などと呼ばれることもある。

主な業務は3つ。

・企業への人材斡旋・マッチング
求人広告を掲載したい企業と、登録者とのマッチングをはかり、双方が効率的に採用・転職を成功させるための橋渡しの役割を果たす。

・カウンセリング
キャリアビジョンの構築、自己分析のサポート、応募書類の書き方、面接における伝え方まで転職のプロとしての立場からアドバイスをする。

・調整業務
転職者と企業との面接日程の調整や、給料・待遇・入社日などの調整をしてくれる。また、合否の連絡もエージェントが担当することもある。

これらのサービスを転職者は無料で利用することができる。

では、どうして無料で利用することができるのか?

転職のアドバイスやサポートをしてもらえるのであれば、
有料サービスでも問題がないように感じるかもしれない。

では、なぜ転職エージェントは無料で使えるのか?
それはこのサービスのビジネスの仕組みに理由が隠されている。

転職エージェントの仕組み

エージェント
企業:求める人材の紹介・スピーディーな選考のフォロー
→紹介された人材を雇えば、エージェントに年収の1/3の報酬を支払う
転職者:希望にあった転職先の紹介・スピーディーな選考のフォロー

企業
エージェント:広告費・サービス費を支払って、優秀な人材の採用支援を依頼
転職者:面接を行い、双方のニーズが一致すれば採用

転職者
エージェント:無料で利用することができ、求人情報・アドバイスをもらえる
企業:面接を受けて、双方のニーズが一致すれば入社

このようにエージェントは企業が求める人材を紹介し、採用してもらうことで“企業から”成果報酬をもらうビジネスの仕組みとなっている。

だからこそ無料でも良いので、優秀な転職者を数多く集めたいのだ。

とはいえ、何も弱点がないわけではない。

転職エージェントの弱点とかいぜんs

先ほども説明したとおり、エージェントは紹介した人を採用してもらわなければ、
企業から報酬をもらうことができない。

そのため自分の営業成績を優先しているエージェントの中には転職者に対して、希望条件とは違う求人情報を無理に紹介してくることもある。こうしたエージェントには要注意だ。

またエージェント会社もボランティアでサービスをしているのではなく、
あくまでもビジネスとしてサービスを提供している。

転職者に対して完全に一致するものを内定が決まるまで必死に探してくるというわけではなく、内定をもらいやすい人を優先的に企業に紹介していくのは至極当然のことである。
※詳しくは「転職エージェントに登録するメリット・デメリット」で説明させていただく。

こうしたことを踏まえてアドバイスをするのであれば、転職エージェントを利用するときには、転職者側からもエージェントに対して積極的にアプローチをかけていくべきである。

「登録しておけば、会社を紹介してくれるんでしょ」
「全然、会社を紹介してくれない!マジで使えないエージェント!」

などと受け身・わがままな転職者は内定をもらえることはできない。
自ら行動を起こし、コミュニケーションを取れる人が最終的に内定を勝ち取れるのだ!

転職活動においてエージェントは不可欠。

だからといって、その存在に甘えるのではなく、
徹底的に使い倒す!くらいの気持ちでサービスを利用していこう。


このエージェントを利用せよ!

新しい転職サイト

転職大手インテリジェンスが新しくはじめたMIIDAS(ミーダス)。 簡単入力で、今の自分のリアルな市場価値がわかる。

さらに、「どんな経歴の人が、どんな仕事に、年収どれくらいで転職できたか?」も丸わかりになる。

転職成功までのステップ

転職エージェントを活用する

履歴書・職務経歴書の書き方

面接のテクニック

職種ごとの転職対策

転職を考える前に知っておくべき事

当サイトについて