1. トップページ
  2. 20代・30代が絶対登録すべき転職エージェント・求人サイト

20代・30代が絶対登録すべき転職エージェント・求人サイト

どれだけ優秀な20代・30代の転職者であっても、
希望条件にあった求人情報を手に入れることができなければ転職は成功できない。

当サイトで、口が酸っぱくなるほど解説しているが、80%の求人情報はオモテに出ていない。「非公開求人」として転職エージェントが隠し持っているので、エージェントに登録しない限り絶対にお目に掛かることができないのが実情である。

このページでは、数ある転職サービスの中でも、20代・30代の転職に有利なエージェントと転職サイトを紹介したいと思う。どれも無料で利用できるので利用しない手はない。

ここではたくさんの転職エージェント、転職サイトを紹介しているのが、
読むのに時間がかかるので、忙しい人のために、ここだけは絶対という2つを先に紹介しておく。

リクルートエージェント マイナビエージェント
マイナビエージェント マイナビエージェント
転職エージェントで非公開求人数、実績NO.1
全国対応で絶対登録が必要!
リクルートエージェント
“質”に定評ありで人気急上昇
業界NO.2。エージェントの質はピカイチ!
マイナビエージェント

この2つは絶対に登録しておかないと話にならない。

ここから、各転職エージェント、転職サイトの解説を始める。

転職エージェント

転職エージェントは非公開求人を抱えている。この非公開求人こそが転職市場にある求人の約80%を締めているので、絶対転職エージェントを使わなければ満足な求人を手に入れられないのだ。

オススメはリクルートエージェントマイナビエージェントだ。この2社への登録は必須。

これにプラスするのであれば、外資やグローバル系ならJAC Recruitment、
営業職を希望するならアデコ、IT&クリエイティブ系なら@typeを選ぶようにしよう。
(それ以外の転職エージェントは微妙なので使わなくても問題ない)

マイナビエージェント ←人気急上昇中の転職エージェント!

マイナビエージェント

求人件数は業界トップクラス。テレビCMなどの影響もあり、
現在人気が急上昇している転職エージェント。

業界1位はリクルートエージェントなのだが、1人のエージェントが抱えている転職者数が100名程度と少ないため、相談に乗ってもらいやすい。(リクルートは1人300名と言われている)

特に初めて転職活動をする方で、細かなフォローをしてもらいながら転職を進めたい方にとっては非常に使いやすい会社と言える。

ちなみに、この会社には大手企業だけでなく、「アンチリクルート」の会社が多数利用していることでも有名(リクルートの値段が高い、営業対応が微妙などの理由から)。

つまり、リクルートエージェントと併せて使うことで市場のほとんどの求人情報を手にすることができるため、登録は必須である!

マイナビエージェント

リクルートエージェント ←絶対外せない!

リクルートエージェント

人気も実績もNo.1の業界最大手企業。
抱えている求人数も圧倒的。

リクルートエージェントに登録しなければ転職を成功させるのは不可能と考えてもらいたい。

企業(人事)からの信頼も絶大で「リクルート系のサービスを使わなければ人は雇えない」という常識があるほどである。

社内には業界ごとに専門チームがあり、的確なアドバイスをしてくれるのが結果に繋がる最大の要因。

何が何でもリクルートエージェントへの登録だけは絶対。

リクルートエージェント

アデコ ←営業職に強みを発揮

アデコ

世界各国に支店があり、世界での知名度が最も高いのはアデコ。

世界で展開していることから外資系やグローバル系の企業の求人を多く抱えているという特徴がある。日本での業界ポジションはぼちぼちなところではあるが、営業職に対してはバツグンの強みを持っているので、営業職を希望する人は登録することをオススメする。

正社員(転職)・派遣・紹介予定派遣など、多岐にわたるサービスを提供しているため、働き方を悩んでいる人には様々な仕事を紹介してもらえるが、求めていない情報も送られてくるという点では一長一短がある。

アデコ

JAC Recruitment ←外資&グローバル系の求人情報なら

JAC Recruitment

外資やグローバル系の企業、海外勤務を考えているのであれば、JAC Recruitmentにも登録することをオススメしたい。

最近人気が増しているグローバル系企業の求人に特化しているというのは、他社とのわかりやすい差別化という意味でも評価できるポイントと言える。

ただし、拠点が東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸の6カ所しかないので、そこだけは要注意。(←関西圏に対しても強みがあるため、関西の人にもオススメできる)

JAC Recruitment

@type ←IT&クリエイティブ系に特化

@type

SIerなどのIT系や、デザインなどのクリエイティブな仕事に対して強みを持っているのが@typeである。

とにかく、この会社は大小問わず、たくさんの求人を紹介してくる。

あまりにも何度も紹介してくるので、若干うっとおしいところもあるが、そう思わなければ、幅広い求人にアプローチをかけられるため利用のしがいがあると言える。

とはいえ、IT系やクリエイティブ系はそもそも求人数が多いため、ここに特化しているのはどこも同じだという気もするが・・・

@type(アット・タイプ)

第二新卒にオススメの転職エージェント!

アイデムスマートエージェント←第二新卒に特化した転職エージェント

アイデムスマートエージェント

第二新卒での転職を考えているならオススメしたい会社。

他の転職エージェントとは違い、第二新卒に特化しており、利用している人の約80%が未経験から1ヶ月以内に1次面接に進むことができています。初めての転職で不安が多い人でも就活スキルをアップすることができるセミナーやイベントを開催しているのも魅力の1つ。

関東(東京)、関西(大阪)、東海(愛知)に会社があるので、この付近(特に関東の方!)に住んでいる第二新卒にはオススメできる会社です!

アイデムスマートエージェント

ハイクラス/エグゼクティブ転職にオススメのエージェント!

BIZREACH(ビズリーチ)←ハイクラス/エグゼクティブ転職なら

BIZREACH(ビズリーチ)

ハイクラスの転職を希望している人にオススメの転職エージェント。最近ではテレビCMなどでもみかけるようになり知名度も高まっています。

4,300社以上の一流企業の求人情報を閲覧でき、さらにヘッドハンターが1,400人以上も登録をしているため、ヘッドハンティングを希望している人からも人気が高い!

以前は年収750万円以上の方しか使うことができませんでしたが、そのハードルが年収500万円以上と変更になったため、より使いやすくなりました。年収・経験も含めて、1歩先を目指したい方は登録しておくべき会社です。

BIZREACH(ビズリーチ)

以上が登録すべき転職エージェントです。 次は登録すべき求人サイトを紹介します。

求人サイト

365日24時間いつでも求人を探すことができる求人サイトへの登録も最近の転職活動では必須。
ここでも最優先で登録して欲しいサイトを紹介していく。

リクナビNEXT ←業界No.1の求人数!登録不可欠!

リクナビNEXT

掲載求人数は業界No.1。どの業界・地域にも強い。

転職サイトではリクナビNEXTを使うのは当たり前と考えて欲しい。

リクナビNEXT編集部が厳選したオススメの求人が送られてきたり、転職者の情報で企業からのオファーメールも届くようになっており、使いやすさも抜群に良い。

求人サイトはリクナビNEXT+他のサイトと考えて、
このサイトにはすぐにでも登録するようにして欲しい。

リクナビNEXT

マイナビ転職 ←念のためマイナビにも登録しておこう

マイナビ転職

業界2位の求人サイト。求人数も業界トップクラス。

転職エージェント会社と同じで、リクナビを嫌っている会社が利用している。リクナビよりも低価格で掲載できることから、中小企業も豊富に情報が掲載されているのが特徴と言える。

正直、マイナビから送られてくるメールは読みにくいのだが、リクナビとは違った切り口で企業を紹介してくるのは評価できる。

一応登録をして、あまり使わないようであれば登録を解除するというスタンスで登録をしてみて欲しい。

マイナビ転職

[en]社会人の転職情報←30代必見!ハイクラス求人あり

エン・ジャパン

年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱っているのが特徴的。

基本的な求人情報の内容はリクナビNEXTやマイナビ転職には及ばないものの、ハイクラスの転職を望んでいる人は情報収集のために登録することをオススメしたい。

余談だが、一時期、新卒採用のサイトでは仕事内容を漫画で紹介していたが、そのコンテンツはどこにいったのか・・・まぁ、新卒者が仕事内容を理解するために、漫画にしてまで説明する必要があるのか・・・とも感じたが。。

[en]エン・ジャパン

求人サイトについてはあまりに多く登録しすぎても結局メールを読み飛ばしたり、情報を管理できなくなるのがオチのため、1~2社程度に絞って、そのサイトを中心に求人情報を集めるようにした方が良いというのが個人的な意見である。

このサイトを読んでいる世代の方であれば、実際に新卒採用時に
リクナビ・マイナビ・日経ナビなどなどに登録をして
「結局、リクナビしか使わないな・・・」と感じた経験がある人も多いだろう。

あまりにも多くの求人サイトに登録をしても無駄になるため、
リクナビNEXT+1社に絞って利用することをオススメしたい。

まとめ(絶対王者のリクルート系サービスは外せない)

ここでは求人情報を集めるために最低限登録する会社を紹介しました。
ポイントをまとめると、

  • 最近の転職活動では転職エージェントと求人サイトへの登録は不可欠
  • なかでも転職エージェントは求人情報の80%を非公開求人として抱えているため登録は欠かせない
  • 転職エージェントではリクナビエージェントマイナビエージェントの登録は最低限して欲しい
  • 求人サイトはリクナビNEXT+1社への登録を
  • 30代の方は高収入求人が掲載されている[en]社会人の転職情報への登録もオススメ

「なんだ結局、リクナビとマイナビかよ」と思うかもしれない。
(私も書きながらそう思ったのは事実、笑)

しかし、「求人が多い&実績が豊富=転職者を多く輩出している」
ということに変わりはない。

また大手企業のエージェントは対応が悪いという噂もがあるが、
それはエージェントとの相性の問題。ダメなエージェントなら、すぐに変えてもらえば良い話だ。
(変更を言えない人が、ネット上でぐちぐち言っているとしか思えない)

利用したこともないのに噂だけで登録せずに
大量の求人情報を見過ごすような勿体ないことはしないで欲しい。

希望の求人情報を手に入れるためにも、
まずはこれらの転職エージェントと求人サイトに登録をしよう。

このエージェントを利用せよ!

新しい転職サイト

転職大手インテリジェンスが新しくはじめたMIIDAS(ミーダス)。 簡単入力で、今の自分のリアルな市場価値がわかる。

さらに、「どんな経歴の人が、どんな仕事に、年収どれくらいで転職できたか?」も丸わかりになる。

転職成功までのステップ

転職エージェントを活用する

履歴書・職務経歴書の書き方

面接のテクニック

職種ごとの転職対策

転職を考える前に知っておくべき事

当サイトについて