1. トップページ
  2. 技術職(電気・電子・機械・自動車関連)にオススメの転職エージェント

技術職(電気・電子・機械・自動車関連)にオススメの転職エージェント

転職市場において企業からのニーズが最も高いのが
電気・電子・機械・自動車関連の技術職の方々である。

どうしてこれらの技術職に対するニーズが高いのか?

それは募集している求人数に対して、
対象となる人材数が圧倒的に少ないからである。

そもそも、この技術職(電気・電子・機械・自動車関連)の仕事に就くためには、
理工学系の大学・専門学校を卒業していなければいけない。

ほぼ全ての学部・学科が就くことができる文系職(営業など)とは違い、
技術職というのは専門的なスキルが求められるため、非常にニッチな存在なのである。

また、転職となると過去の経験として技術職として
働いていた経験が求められる。

となると、さらに企業の募集対象となる人材はグッと減ってしまうのだ。
(新卒採用時に理系学部から文系職へと転職した人材が対象ではなくなるため)

以上のことから技術職(電気・電子・機械・自動車関連)というのは
かなり有利に転職活動を進めることができる!

では、適当に転職活動をしていても内定をもらえるか?
というとそういうことではない。

転職を成功させるためにはきちんと準備をする必要があるのには変わりない。
そこでまずはじめに登録するべき転職エージェントを紹介する。

リクルートエージェント←求人情報を手に入れるには欠かせない存在

まず必ず登録するべきなのはリクルートエージェントである。

リクルートエージェント

技術職は転職を有利に進められるとは言え、
自分の希望条件にあった求人情報を手に入れられなければ意味がない。

そこで業界断トツの求人情報を抱えている
リクルートエージェントには欠かさずに登録をしておいてもらいたい。

DODAエージェントサービス←エージェントと相談しながら進めたいなら

次にオススメなのがインテリジェンスが運営しているDODAエージェントサービスだ。

DODA

DODAエージェントサービスも豊富な求人情報を抱えているが、
それ以上に魅力的なのがエージェントのサポートである。

1人のエージェントが担当している転職者の数が少なく、
小まめで丁寧なサポートをしてくれるため、業界内の評価は高い。

特に技術職というのは、他の転職者とキャリアの面において差がつきづらいため、
エージェントとしっかり相談しながら選考対策をしていく方が良い。

そこで、丁寧なサポートをしてくれるDODAエージェントサービスに登録しておけば、あなたが最も評価されるポイントなどを客観的にアドバイスしてくれるため、万全の選考対策をすることができるのだ。

JAC Recruitment←関西圏で強みを発揮する!

関西圏での転職を希望するのであればJAC Recruitmentも外せない。

JAC Recruiment

この会社は海外勤務・外資系などに対して強みがあると、会社のホームページなどでは
書かれているが、管理人的には関西圏での求人数の多さに注目している。

他のエージェント会社が関西は大阪しか支店がないのに対して、
JAC Recruitmentは兵庫・京都などにも支店を配置。

関西圏における転職を手厚くサポートしてくれるのだ。
関西に住む人には必ず登録をしておいてもらいたい。

技術職の転職を成功させる2つのポイント

最後に技術職(電気・電子・機械・自動車関連)の転職を成功させる2つのポイントを紹介する。

  • 事前に計画をしっかりと考えておく
  • 入社条件の交渉は内定をもらった後に

それぞれについて詳しく説明する。

事前に計画をしっかりと考えておく

まず最初に必ずやって欲しいのが、転職の計画(スケジュール)を作ることである。

既に技術職(電気・電子・機械・自動車関連)で働いている人の多くが
何かしらの長期プロジェクトに携わっているはず。

携わっているプロジェクトを途中で投げ出して転職をするというのは
転職市場では評価を大きく下げることになる
ので絶対避けるべきなのだ。

なかには「転職先に言わなければいいんじゃないの?」と思うかもしれないが、
現在の取引先が新しい会社に入った後の取引先になることは充分あり得る。

そのようなことを踏まえて、転職活動をスタートさせるときには
プロジェクトの終了タイミングを見越した計画を立てるようにしておこう。

また計画を立てることで、期間内に終わらそうと考え、
気を引き締めながら転職活動を進めることができる。

転職活動というのは新卒採用時とは異なり、
自分で計画・ゴール設定をしなければならない。

ダラダラと転職活動を進め、いつまで経っても内定をもらえない
ということにならないようにするためにも、きちんと計画を立てるよう!

入社条件の交渉は内定をもらった後に

希望条件にあった会社に入社をするためには
入社前の企業との交渉というのがかなり重要となる。

ここで注意して欲しいのが、
この入社条件の交渉は必ず内定をもらってから進めるべきということである。

一般的には、入社条件の交渉は選考中にした方が良く、内定をもらってからでは
調整はできないと考えられているが実際にはそのようなことはない。

むしろ、内定後に交渉をした方が希望条件に近づけやすいのだ。

その理由として、選考中は転職者は選ばれる立場にあり、企業は選ぶ側の立場にある。
この関係性では転職者の要望というのは非常に通りにくい。

無理に交渉をしようものなら、
企業は「他の転職者にしよう」と簡単に不合格にできるからである。

しかし、内定をもらった後になると、
転職者が選ぶ立場になり、企業は選ばれる立場になる。

もちろん、最終的なジャッジは企業側にあるため、100%転職者が有利だとは言いきれないが、
企業側も早く採用活動を終わらせたいと考えて、できる限り内定を出した人を入社させよう
と調整してくれるのである。(当然、無理難題をごり押しするのは不可能)

少しでも入社条件を良いものにするためには、
選考中には交渉はせず、内定後に交渉をすることを覚えておいて欲しい。

もし、交渉が苦手という場合には、転職エージェントに代わりに
交渉をしてもらうというのもあり。

転職エージェントも紹介した転職者が入社しなければ、
企業から報酬をもらうことができないため、交渉に尽力してくれるのだ。

是非ともこの2点を意識して転職活動を成功させて欲しい。


このエージェントを利用せよ!

新しい転職サイト

転職大手インテリジェンスが新しくはじめたMIIDAS(ミーダス)。 簡単入力で、今の自分のリアルな市場価値がわかる。

さらに、「どんな経歴の人が、どんな仕事に、年収どれくらいで転職できたか?」も丸わかりになる。

転職成功までのステップ

転職エージェントを活用する

履歴書・職務経歴書の書き方

面接のテクニック

職種ごとの転職対策

転職を考える前に知っておくべき事

当サイトについて