1. トップページ
  2. マーケティング・企画・事務職にオススメの転職エージェント

マーケティング・企画・事務職にオススメの転職エージェント

転職市場において男女問わず、人気が高いのがこれらの職種である。

正直これらの職種への転職はハードルが高い。
理由としては、、

  • 他の職種からも応募する人が多くライバルも多い
  • 既にこれらの職種に就いている人はなかなか辞めない
  • 退職者も少ないため条件の良い求人数が少ない
  • 優良な案件については過去のキャリア(実績)が必要となる

以上のことからマーケティング・企画・事務職へ転職するのは厳しいのだ。

そこでこれらの職種を希望する人がどの転職エージェントを使うべきなのかを紹介していく。
人気のある職種だからこそ、ぬかりなく準備を進めていこう。

リクルートエージェント←希望の求人を探すためには欠かせない

まず、王道中の王道「リクルートエージェント」である。

リクルートエージェント

当サイトでは何度でも紹介しているが、
転職するにはリクルートエージェントへの登録は欠かせない。

「周りが使っているから、使わない方が良い」
「エージェントの質が・・・」

などと他の転職サイトなどでは他のエージェントを第一候補に挙げている
サイトも見かけるが、はっきり言ってそんなことを書く奴はもぐりだ。

圧倒的な求人数を抱えているリクルートエージェントに
登録しておかなければ、希望する求人を手に入れることはできない。

これは転職市場における常識であり、イレギュラーというのはありえない。

とにも、かくにも希望する求人情報を手に入れるためにも
リクルートエージェントへの登録を忘れないようにして欲しい。

マイナビエージェント←リクルートエージェントの漏れを防ぐため

人材業界No.2の規模を誇るのがマイナビエージェントである。

リクルートエージェント

マイナビエージェントを利用している企業は
ズバリ!リクルートエージェントが嫌いな企業である。

具体的には、

  • 広告掲載料が高くて載せることができない
  • リクルートの営業の態度が嫌い
  • 何かとサービスにお金を取られるのが嫌い

などの理由が挙げられる。

嘘かと思うかもしれないが、実際に企業は採用の予算を充分に確保していないところが多く、リクルートを使えないと嘆いている会社も少なくない。また、リクルート系の会社は殿様営業で有名であり、人事部が「リクルートは使わない!」と公言するところも多いのだ。(私もこれまでに何人ものそのような人事部に出会ってきた)

以上のような経緯からリクルートエージェントを使っておらず、
業界2番手のマイナビエージェントを使っている企業がある
のだ。

ということで、求人情報を漏れなく手に入れるためにも
マイナビエージェントにも登録をしておくことをオススメする。

JAC Recruitment←関西圏での転職にオススメ!

関西圏での有力な転職エージェントがJAC Recruitmentである。

JAC Recruitment

この会社はとにかく関西圏で広い情報網を持っており、
関西の求人情報を集めるためには欠かすことができない。

また他の転職エージェント会社はいくつもあるが、関西圏に支店がある会社は僅か。
しかも支店があるとしても大阪だけ・・・というような感じなのだ。

しかし、JAC Recruitmentは大阪・京都・神戸など関西にいくつもの
支店があるため、転職のサポートを受けるのにももってこい!

関西圏で仕事を探しているのに、他の会社に登録しているのであれば、
今すぐにでも乗り換えることをオススメする!

それ以外の転職エージェントは50歩100歩というところなので、登録はしてもしなくても良い。
とりあえず、ここで紹介した会社だけは必ず登録しておいてもらいたい。

マーケティング・企画・事務職に転職するときに押さえるべき3つのポイント

最後にマーケティング・企画・事務職に転職をする場合に
必ず押さえておくべき3つのポイントを紹介する。

  • 過去のキャリアを洗い出し他者と差別化を図る
  • 志望動機を明確にしておくこと
  • 将来的なキャリアプランも考えておくように

それぞれについて簡単に説明する。

過去のキャリアを洗い出し他者と差別化を図る

まずこの職種に応募をしてくるのは、過去に同職種を経験している人が多いのだが、
実は営業職などとは異なりキャリアの差別化を図ることが非常に難しい。

なぜなら、他の転職者も同等のキャリアを積んでいるケースが多いからである。

そのため、選考における見せ方というものが非常に重要となる。

具体的な見せ方のコツとしては
できる限り数字情報を入れることで具体性を増すようにすること。

  • 何年間業務に携わってきたか
  • どのような成果を挙げる(残す)ことができたか
  • 事務職であれば数字にして成果を表す

といった見せ方・伝え方に工夫をすることで、
他者よりも成果を出せることをアピールできるようにしておこう。

志望動機を明確にしておくこと

人気のある職種だからこそ、志望動機は明確でなければいけない。

ただ単に「挑戦してみたくなった」「新たなものを取り扱いたい」
といった志望理由では他の転職者と差別化を図れず不合格となってしまう。

同職種から転職をする場合には
「なぜ、現在の会社ではダメなのか?」ということが説明できるように。

異業種から転職する場合には
「どうしてこの職種を希望するのか?その経緯は?」ということを
これまでのキャリアと絡めて説明できるように準備をしておこう。

将来的なキャリアプランも考えておくように

また、他の転職者を差別化を図るという意味では
将来的なキャリアプランについても考えておいてもらいたい。

  • その会社で働くことで将来的にどのなりたいのか?
  • キャリアアップをすることで会社や社会に、どう影響を与えたいのか?
  • 個人としての将来的な目標は?

など、長期的な自分のキャリアプランも併せて志望動機ややりたいことに対して回答することで、
その会社でなければならない理由に対して説得力が増されるのだ。
※参考:転職の方向性を決める

人気の職種だからこそ、他の転職者よりも魅力的な人材であることを
上手にアピールできるようにしておいていただきたい。

特に志望動機やキャリアプランというのは、他の転職者と大きく差を付けられる部分となる。

そのため事前に徹底的に考え、転職エージェントにアドバイスをもらいながら、
アピールする内容を固めていくようにしよう。


このエージェントを利用せよ!

新しい転職サイト

転職大手インテリジェンスが新しくはじめたMIIDAS(ミーダス)。 簡単入力で、今の自分のリアルな市場価値がわかる。

さらに、「どんな経歴の人が、どんな仕事に、年収どれくらいで転職できたか?」も丸わかりになる。

転職成功までのステップ

転職エージェントを活用する

履歴書・職務経歴書の書き方

面接のテクニック

職種ごとの転職対策

転職を考える前に知っておくべき事

当サイトについて