1. トップページ
  2. 技術職(ITエンジニア・通信関連)にオススメの転職エージェント

技術職(ITエンジニア・通信関連)にオススメの転職エージェント

まず最初に知っておくべきこととして、
企業はITエンジニア・通信関連職への転職者を求めている。

それは各企業の事業のIT化やグローバル化が進んでいく中で、
優秀なエンジニアは企業が喉から手が出るほど欲しいからである。

それに比例して、求人数についても営業職ほどではないが、
かなり多くの求人情報が出回っているのだ。

つまり、ITエンジニア・通信関連職へは比較的転職がしやすいと言える。

転職エージェント側もこれらの職種に特化したエージェントも多いため、
まずは登録するべきエージェントを紹介していく。

マイナビエージェント←IT系への転職には欠かせない

まず登録をしておいて欲しいのがマイナビエージェントである。

マイナビエージェント

マイナビエージェントはマイナビグループの情報網を活かして求人情報を
多数抱えているが、なかでもITエンジニア・通信関連の職種に強みを持っている。

実際に抱えている区分としては以下のような感じだ。

マイナビエージェントの職種別求人率
マイナビエージェントのHPより参照

またITエンジニア専属のマイナビエンジニアなどの求人サイトも
抱えているため、こちらにも登録しておくことをオススメしたい。

管理人的にはマイナビエージェントというのはリクルートエージェントの1つ格下という
認識ではある(業界内でもサービス・営業手法なども真似ているという認識が強い)が、
エンジニア系の職種についてはリクナビエージェントよりも転職成功率が高いという印象がある。

また、ITエンジニア系の職種を中心に転職相談会を開催するなど、
この職種に特化したサービス提供もしているため、情報収集・アドバイスをもらうという
意味でも必ず登録をしておいていただきたい。

リクルートエージェント←求人情報を手に入れるのには欠かせない

そして、やはりリクルートエージェントも外すことができない。

リクルートエージェント

マイナビエージェントもかなりの求人数を抱えているが、
その数ではリクルートエージェントには及ばない。

また、業界最多の約400人のエージェントが、それぞれの業界・職種に対する
専門的な知識を身につけており、的確なアドバイスをしてくれる。

特にITエンジニア・通信関連の職種を希望する人の多くが、
現状よりも好条件での転職を希望する傾向がある。

となると、1つでも多くの希望条件にあった求人情報を手に入れるのは必要不可欠となる!

そのため業界最大の求人数を抱えているリクルートエージェントへの
登録というのは決して忘れてはいけないのだ。

@type←ベンチャー・中小企業でも良いのであれば

最後にもう1社追加をするのであれば@type(アット・タイプ)をオススメする。

@type

この会社も他社と差別化を図るためにITエンジニア・通信関連の
職種に対して力を入れている。

具体的にはエンジニア適職フェアという合同説明会を開催したり、

エンジニア適職フェア

エンジニアのための情報サイト「エンジニアtype」というサイトを運営。

エンジニアtype

管理人としては、この@typeという会社は、
ベンチャー・中小企業の求人情報を多数抱えている印象が強い。

毎週、大手からベンチャーまでの様々な求人を紹介してくれるため、
プロジェクトの上流から下流までを担いたい人や、やりがいを重視する人には
魅力的な求人を見つけられる可能性も高い
のだ。

3社目として選ぶのであれば、@typeを選ぶようにしよう。

なお、それ以外にもITエンジニア・通信関連の専門的な求人サイトや
転職エージェントがあるが、それらについては登録する価値はあまりない。

それらの会社が抱えている求人のほとんどがマイナビエージェントや
リクナビエージェントにも掲載されているため、重複情報となるだけなのだ。

まずはここで紹介した3社に絞って利用し、そのうえで追加で
登録するのかを決めれば問題ないと言える。

転職を成功させるための2つのアドバイス!

登録すべき転職エージェントがわかったところで、次にITエンジニア・通信関連への
転職を成功させるときに押さえておくべきポイントを理解しておこう。

ポイントとなるのが以下の2つ。

  • 使用できるスキルと携わってきた仕事(プロジェクト)をまとめる
  • 面接官に応じてアピールする内容を変える

それぞれについて詳しく説明する。

使用できるスキルと携わってきた仕事(プロジェクト)をまとめる

まず最初に必ずやるべきことは、これまでのキャリアをまとめることである。
具体的には

  • 取り扱えるプログラミング言語は何か?
  • フレームワークは何を扱えるのか?
  • パッケージ・OSなどに対する知識はどこまであるのか?
  • ネットワーク環境の構築はできるか?

などの使えるスキルを全て洗い出すようにして欲しい。
(20代でキャリアが浅い人は研修で習った程度の些細なスキルでもOK)

そのうえで、これまでに携わったプロジェクトの内容と、
どのような成果を残すことができたかをまとめていく。

また、プロジェクトを進めるうえで、どういった点に気をつけて取り組んだのか?
何を学んだのか?ということも併せてまとめておくと面接において魅力的に
アピールすることができるので、是非やっておいていただきたい。

面接官に応じてアピールする内容を変える

基本的に技術職の選考では面接官は所属する部署の人間が
担当することが多く、具体的なスキル・技術についての質問が中心となる。

しかし、企業によっては1次面接などにおいて人事部が面接官を担当することも少なくない。

ここでポイント。

人事部が面接官となる場合、詳細なスキル・技術についての話をしても
理解してもらえないケースがある
ということである。

これは人によっては新卒採用時からずっと人事部に配属されている
ケースがあるからであり、当然技術職としてのキャリアも知識もないからである。

では、なぜ人事部が面接官をするのか?

人事部が技術職の面接官を担当する理由としては

  • 転職者のポテンシャル(人間性やコミュニケーション力)を審査するため
  • 著しく人間性が低かったり、印象が悪い人を振るいにかけるため

などの理由で担当をするのだ。

そのため、人事部が面接官となっている場合には、技術的な話にプラスして、
コミュニケーション力やマネージメント力など人間性もアピール
できるような
内容を伝えることを忘れないようにして欲しい。

以上がITエンジニア・通信関連の職種への転職を成功させるために
覚えておいて欲しいことである。

企業から求められている職種ではあるものの、自分の希望条件にあった
転職先を見つけ、内定を得るということは決して楽なことではない。

気を抜くことなく、求人情報をしっかりと集め、万全の選考対策をすることで
条件に合った企業への転職を成功させよう。


このエージェントを利用せよ!

新しい転職サイト

転職大手インテリジェンスが新しくはじめたMIIDAS(ミーダス)。 簡単入力で、今の自分のリアルな市場価値がわかる。

さらに、「どんな経歴の人が、どんな仕事に、年収どれくらいで転職できたか?」も丸わかりになる。

転職成功までのステップ

転職エージェントを活用する

履歴書・職務経歴書の書き方

面接のテクニック

職種ごとの転職対策

転職を考える前に知っておくべき事

当サイトについて