1. トップページ
  2. 転職から内定までの5ステップ

転職から内定までの5ステップ

転職活動は長ければ1年近くかかる長期プロジェクト。

まずは全体のスケジュールと流れを理解し、何から準備をすれば良いのかを知ろう。

このページでは内定をもらうまでの流れを5つのステップに分け、それぞれの段階で何をすればよいのかをまとめた。

↓↓↓

内定を手に入れるための5つのステップ

では早速いってみよう。

第1ステップ~転職の方向性を決める~

まず一番初めにやるべきは、
「どの業界で、どんな仕事をしたいのか?地域は?いつから?」など、
自分の転職活動の方向性を決める
ことだ。

方向性を決めることは最も重要!

転職の方向性があなたの人生と転職の成功を決める!

どこで働くか?何をしたいか?どの業界で働きたいか?いつから働けるか?などを決めることで、自ずとやるべきことが変わってくる。

例えば、地方で働くのであれば大手求人サイト以外にもその地方専門の求人サイトやフリーペーパー、個人的人脈を使った転職活動をして情報収集をする必要がでてくる。

業界を定めることができれば、その業界の知識を身につけたり、そのために必要なスキルや資格を取るという選択肢も明確になる。

面接においても、このキャリアビジョンが明確な人材の方が強い。
転職活動のスタートはこのビジョンの設計からはじめよう。

キャリアビジョンの作り方はこちら
→→STEP1.転職の方向性を決める

第2ステップ~自分の“武器”を整理する~

自分の将来像をイメージすることができたら、次はこれまでの経験と実績を洗い出す作業に入る。

あなたは何をすることができるのか?
次の会社で何に貢献できるのか? という武器を明確にしよう。

転職は実績で決まる。

過去の実績をより魅力的に伝えられるように、まずはどのような仕事をし、どのような成果をあげてきたのかを整理して欲しい。

これをやることで、あなたの強み・アピールポイントがはっきりする。

選考で何をアピールするか?自分の武器を考えよう!

事前にこの選考における武器を固めておくか否かで、選考の通過率が断然違うため、必ず最初のタイミングでやっておいて欲しい。

なお、転職の方向性やキャリアを固めるために自分を見直すことは1人でもできるが、どうしても行き詰まることがある。このような場合には転職エージェントと相談しながら、進めると良い。

転職のプロから客観的なアドバイスをもらいながら、方向性やキャリア固めをしていけば、より具体的で明確なものが作れる。求人情報を手に入れるためだけでなく、このように頭の整理をするためにもエージェントは活用すべきだ。

選考における武器(キャリア)を固める方法はこちら
→→STEP2 自分の”武器”を整理する

第3ステップ~求人情報を集める~

自分が転職したい業界・職種など方向性が決まり、自分の強みが何かわかったら次はいよいよ求人情報探しに入る。

求人情報探しにはハローワーク、求人サイト、フリーペーパー、転職エージェントなどの手段がある。これらを活用することで希望にあった求人を探していこう。

ここで「転職したい業界や職種は決まっているから自分の希望に合わない情報は基本的にスルー」とは考えない方が良い。

完全に条件に一致するものだけを探そうとすると、案件はかなり少なくなってしまう。

少ない求人情報だけで内定をもらえるほど転職は甘くない。

方向性を軸としながらも、それに近しい情報には一応目を通し、気になるものについては、応募してみるのはあり!転職することが厳しい時代なので、ここは少し柔軟な姿勢をもって行動することを心がけよう。

また、ここで絶対に必要なのが転職エージェントの利用である。
転職エージェントはネット上では非公開となっている80%の求人情報を持っている。

エージェントを利用しないと誰でも手に入る、たった20%の求人情報だけをターゲットに転職活動をしなければならない。残り80%の求人情報へアクセスするためにエージェントへの登録は絶対に必要ということは忘れてはならない。

求人情報を集める方法はこちら
→→STEP3 求人情報を根こそぎ集める

第4ステップ~応募書類を完成させる~

あなたの武器は何?

選考に通過するための書類の書き方をマスターしよう!

自分が行きたい企業の求人情報を見つけたら、いよいよ選考の段階に入っていく。初の選考選考は 書類(履歴書・職務経歴書)の選考。

この選考ではステップ2でやった武器(キャリア)を固めたこと、つまり、自分の強みやアピールポイントがなんであるのか?ということが役に立ってくる。これを元に履歴書・職務経歴書を書いていくのだが、書き方に注意が必要となる。

企業に「この人材に会いたい!」と思われる書き方をしないと書類選考で落ちる。

考えてみて欲しい。人事部・採用担当はいつも山のような履歴書を目にしている。
全ての履歴書を隅から隅まで一生懸命読むわけがない。

書類選考を突破するためには、
“落とされない履歴書・職務経歴書の書き方”をマスターしておかなければいけない。

選考に通過するための応募書類の書き方はこちら
→→履歴書・職務経歴書の書き方

第5ステップ~内定を得るための面接対策~

面接まで進むことができれば、あと一息でクリア。
だが、この面接が最大の関門・・・

面接では、いかにあなたの実績・キャリアを魅力的に伝えるか?
企業から「この人と一緒に働きたい!」と思わせられるかが勝負の鍵
となる。

上手に伝えられなかったり、一緒に働きたいと思われなければ不合格。

ただ、面接の受け答えにはコツがあって、これをマスターしておけば合格率は一気にアップする。
面接のテクニックについても当サイトでお伝えしているので是非参考にしてもらいたい。

具体的な面接対策はこちら
→→内定をもらうための面接対策

万全を期して面接に望めば、内定は目の前だ!

最終調整

この5つのステップをクリアすれば、あとは入社のための最終調整のみ。
希望年収・勤務先・入社時期などを企業と相談しながら決めていければ、あなたの次なるキャリアがスタートできる。

なお、この最終調整においては企業の要望に応えることが内定に近づく最大の秘訣ではあるが、求人情報で書かれていたことと大きく違う場合や、あなたの希望と大きく違う場合には、その会社に入社することを一度冷静に考えるべきである。

特に求人広告に書かれていたのと条件が違う場合は、
あなたに対する評価が低いか、他に就職先ないんでしょ?と足下を見られている可能性もある。

こういう時は自分だけで調整するのではなく転職エージェントに調整してもらうのもあり。

それでも納得いかない場合は、選考を辞退することを考えても良いだろう。
転職はあなたの今後の人生に大きく影響を与える。ここでの妥協は禁物なのだ。

以上の流れで転職活動を進めていって欲しい。

この5つのステップをどれだけ深掘りして準備ができるか?ここにかかっている。転職エージェントなどプロのアドバイザーからの客観的な視点などを参考に、自分の過去・現在・未来のことをまとめ、企業にしっかりとアピールできるようにしていこう。


このエージェントを利用せよ!

新しい転職サイト

転職大手インテリジェンスが新しくはじめたMIIDAS(ミーダス)。 簡単入力で、今の自分のリアルな市場価値がわかる。

さらに、「どんな経歴の人が、どんな仕事に、年収どれくらいで転職できたか?」も丸わかりになる。

転職成功までのステップ

転職エージェントを活用する

履歴書・職務経歴書の書き方

面接のテクニック

職種ごとの転職対策

転職を考える前に知っておくべき事

当サイトについて