1. トップページ
  2. 面接のテクニック
  3. 最後に質問すべきこととは

最後に質問すべきこととは

面接の最後にほぼ100%あるのがこの質問

「最後に何かご確認したいことはありますか?」
「面接は終わりますので、何かおっしゃりたいことはありますか?」

などと聞かれる。
が・・・これを最後の儀式的な質問だと思ったら大間違い!

この質問に対して、
「特にありません」と答えたら、あなたの評価は下がってしまう。

実はこの質問には

  • こちらから説明し忘れていることはないか?
  • うちに面接を受けに来ているのだから、何かしら聞きたいことあるでしょ?

という本音が隠されている。

最後の質問は必ずするように!

そのため「特にありません」と答えると、
「この人、本当にうちに入社したいのかな?」と入社意欲に疑問を抱かれてしまう。

せっかく、企業側がこちらに対してフリーのアピールタイムを与えてくれているのだから、このチャンスを活かさない手はない。

では、どのような質問をすれば良いのか?
ポイントは2点。

  • その会社に対する具体的な質問を投げかけて、入社意欲をアピール!
    →事前にその会社について研究をし、事業や社風、職場の様子などについて質問を聞けるのが望ましい。
  • 自己PRはさりげなく!アピールの場だと思って、長々と話すのはNG!
    →アピールタイムだと思って、自分のできることややってきたことに対して、長々と話しても相手は聞いてくれない。話すのであれば、冒頭にさりげなく!

この2点を意識して、参考例を紹介する。

良い回答例 本日はありがとうございました。本日の面接で○○さんから社内の話も聞かせて頂き、、益々御社に興味がわきました。1点質問ですが、○○事業部が今後のビジネスを拡大していくと求人情報に記載されていましたが、どのような事業展開を考えているのでしょうか?

【解説】まずは面接の御礼と、入社意欲があることをさりげなくアピール。また、その会社の事業について質問をすることで、ビジネス内容に対して関心があることをアピールできる。とはいえ、軽い気持ちで質問して、逆に「この事業にも興味があるのですか?」などと、さらに深い話をされてしまうと切り返せない可能性もあるため、事業についての質問をする場合は、あらかじめ下調べをしっかりしておくように。

良い回答例 本日また御社で働きたいという意欲が高まりました。ありがとうございます。質問なのですが、○○様から見ての社内の雰囲気、社員の特徴などがあればお聞かせ頂けますでしょうか?

【解説】その企業で働くことをイメージするための質問。これも会社の雰囲気を知り、入社のイメージを固めたいという意志を示すことができる。このような質問をすると「どうですか?適応できそうですか?」などと軽く質問されることもあるので、そのときは相手が言ったことを尊重しつつ、自分がフィットできることをアピールしよう。

△な回答例 今後の選考についてお聞かせ頂けますか?また入社までのスケジュールも聞かせて頂けましたら幸いです

【解説】今後の選考に対して興味を示すことで、入社する意欲が高いことをアピールすることができる。が、少しアピールとしては弱い。その企業についてもう少し深い質問を考えておこう。

悪い回答例 残業は月にどれくらいありますか?

【解説】働くことを想定しての質問なのはわかるが、企業側は嫌がる質問。仕事では残業は当然のようにあるもの。それに対して、わざわざ聞いてくると言うのは「この人は定時にこだわって働くのかな?やりづらいな」と思われる。このような情報は事前にエージェントを通して聞いておく方が良い。

悪い回答例 選考結果はいつ頃わかりますでしょうか?

【解説】確かにこれは気になるところだが、面接をしている最中に聞くことではない。面接結果は遅くても1週間以内には聞けるため、ここでは質問しない方が良い。

こうした最後の質問は、最低でも5個は事前に考えていくようにしよう。
やはり面接をしながら質問を考えるのは難しい。

面接中の会話の中で聞きたいことが出てくる可能性はゼロではないが、それではリスクが高すぎる。面接終盤に動揺しないためにも、面接が決まったら、すぐにでも質問内容を5個考えるのをルールとしよう。(面接官によって質問を使い分けるべし)

補足として書いておくのだが、誰にどのような質問をするのか?
というのは極めて大事なポイントとなる。

例えば、面接官が人事部だった場合、「○○事業部の事業展開について教えてください」と言っても、的確には答えられない。とても中途半端な回答をすることになるため、微妙な空気になるのは間違いない。

こうした業務に関する質問は、面接官がその事業の人や経営者クラスの人に対して聞くもの。逆のパターンもあり得る。事業部長に勤務条件についての質問をしても「それは人事部に聞いてくれよ」と思われるのがオチだ。

相手に気持ちよく回答をしてもらう。
「良い面接の時間=好印象」となるというのも頭に入れておくべき。

そのためにも面接のはじめに面接官の自己紹介もあるので、
そこでの肩書きを踏まえて、相手が答えやすい質問を投げかけるようにしよう。


このエージェントを利用せよ!

新しい転職サイト

転職大手インテリジェンスが新しくはじめたMIIDAS(ミーダス)。 簡単入力で、今の自分のリアルな市場価値がわかる。

さらに、「どんな経歴の人が、どんな仕事に、年収どれくらいで転職できたか?」も丸わかりになる。

転職成功までのステップ

転職エージェントを活用する

履歴書・職務経歴書の書き方

面接のテクニック

職種ごとの転職対策

転職を考える前に知っておくべき事

当サイトについて