1. トップページ
  2. 自分の市場価値を勘違いするな

自分の市場価値を勘違いするな

あなたの転職市場における価値はどれほどのものか?

よく年収を自分の市場価値だと考える人がいる。
しかし、この考えは大きな間違い。

「今の年収が高い=できる人」なんて考えている人の多くが、
転職先では全く使えないパターンの代表格であり、そうした勘違いを何人も見てきた。

あなたの本当の市場価値は?

同年代と比較して、今(転職前)の年収が高ければ、どの業種・職種に転職してもそれだけ高い評価をしてもらえるという訳ではない。どれだけ年収が高くても、他の会社でも役立つようなスキル・経験・実績を持っていなければ転職市場ではなんの価値にもならないのだ。

もちろん、年収だけが市場価値をあらわしているわけでもなく、
これまでの実績についても、本当の市場価値を惑わすポイントがある。

では、どのような人が自分の市場価値を勘違いしやすいのか?
よくある具体的な3つのパターンを説明をしていく。

1.年収の高い業界にいただけ・・・

そもそも業界によって、年収は大きく違ってくる。

銀行、人材、介護、インターネットサービス系の会社は30歳近くまではさほど年収は高くない。役職などが付き始めてからようやく年収が上がっていく会社が多いのだ。一方、アミューズメント、小売り、不動産、証券、保険などは基本給が高い業界であり、若いうちから高収入であるケースが多い(その分、仕事も大変だが)。

あなたの本当の市場価値は?

この場合、年収が高い業界にいた人が、低い業界に転職するからといって、高評価をされ、内定をもらいやすくなるということはない。

高い給料をもらっているといって、ずっとルーチンの仕事を繰り返している人は他社が魅力的だと感じるような実績を残していることは少ない。

むしろ、年収が低くても自分の頭で考え、行動し、きっちりと仕事をしている人は、転職によってこれまで以上の評価を受けることもある。転職は実績。これを忘れないで欲しい。

2.実績が安定している企業を引き継いだだけ・・・

特に営業マンに多いパターン。
「これまでの営業実績として取引先20社を担当し、営業利益130%を出してきました」
というアピールをする人がいる。

数字だけ見れば十分な実績があるように思えるかもしれないが、この数字が先輩から安定している企業を引き継ぎ、何の苦労もなく成績を出すことができたのであれば危険である。

なぜなら、実績を聞いた後に面接官は
「具体的にどのような営業手法で実績を出してきたのですか?」
とさらに深いツッコミを必ず入れてくる。

この返答こそ、最もあなたの実績・市場価値が発揮されるタイミングであり、「先輩から引き継いだ企業を、しっかりコミュニケーションを取って継続させました」では「あぁ、ただの御用聞きだったのか・・・」という評価しか受けないのである。

安定して継続している企業を運用して、高収入を得ていても何も価値はない。
あなた自身が会社に対して生み出した価値こそが大事なのだ。

3.商品・サービスが業界で圧倒的なシェアを誇っている・・・

こちらも営業マンに多いパターンだが、どれだけ営業成績を残していたとしても、その商品やサービスが業界内で圧倒的だった場合、その営業成績は本来の実力とは言えない。

もちろん、目標数字に対して、しっかりと成績を残しているのであれば低評価をされることはないのだが、それでもあなたの創意工夫なくして売れる素晴らしい商品・サービスは「誰が売っても売れる=営業力が高くない」という評価をされることもある。

この場合は、ただの数字情報だけのアピールでは足りないのだ。

もし業界内でのシェアが圧倒的なものを扱っていた場合には、先にその事実を素直に伝え、その上で自分なりに工夫したことやチャレンジしたことなどをアピールするようにして欲しい。

このように市場価値は年収や営業成績など数字で決められるものではない。

また、企業規模も市場価値とは判断されず、大手企業にいたからといって
高評価されることもない。

とはいえ自分のことを知らないまま転職活動をするのは
企業とあなたの価値のとらえ方にズレを生じさせ、転職を失敗させる要因となる。

そのため、自分の現状をきちんと把握するためにも、
転職エージェントを使って、冷静な視点で市場価値を知っておくべきである。

まだ本気で転職をしようか悩んでいる人も、市場価値を知ることが転職するかを決める判断材料となるので、一度エージェントに相談してみることをオススメする。


このエージェントを利用せよ!

新しい転職サイト

転職大手インテリジェンスが新しくはじめたMIIDAS(ミーダス)。 簡単入力で、今の自分のリアルな市場価値がわかる。

さらに、「どんな経歴の人が、どんな仕事に、年収どれくらいで転職できたか?」も丸わかりになる。

転職成功までのステップ

転職エージェントを活用する

履歴書・職務経歴書の書き方

面接のテクニック

職種ごとの転職対策

転職を考える前に知っておくべき事

当サイトについて