1. トップページ
  2. 転職市場の現状

転職市場の現状(2013年7月現在)

今から転職活動を始めるに当たり、
転職市場が今どうなっているか?という現状を理解しておく必要がある。

結論を先に書くと、

2013年の下半期以降、求人件数は増えることが予想され、転職市場は活性化する見込み!

ここ数年の日本の経済状況をおさらいしてみよう。2007年のサブプライムローン問題、2008年のリーマン・ショックの影響を大きく受けて円高ドル安が進行。アメリカへの輸出に依存している企業を中心に日本経済はかなりのダメージを受けた。

その結果、その2~3年前までは1,000人規模の新卒採用や100名規模の中途採用をしていた企業をはじめ、ほとんどの企業が採用を縮小。就職・転職業界は完全な氷河期の時代に突入することになった。 企業が儲からなくなったので人を雇うことができなくなっていたと考えればOK。

転職業界の最悪期は2008年のリーマン・ショックの時だった。
それ以降は採用も少しずつ上向きになってきていたのだが、昨年ついに大きな転機がやってきた。

安倍総理の再就任と、アベノミクスである。

経済政策であるアベノミクスによって、長く続いていたデフレ・円高に歯止めがかかり、企業の業績が回復。個人の消費意欲も回復していったことで、完全とは言えないが、景気回復の兆しが見られるようになってきた。

そして、業界によっては2013年前半から採用に勢いを取り戻しつつある。
2013年後半からは、これまでの採用の縮小によって人材不足になっていたところを中心に求人件数が増えていくことが予想されるのである。

そう、転職市場は活性化しつつあるということだ。

「ラッキー!転職しやすいんじゃね!」というのは勘違い!
転職市場で求められているのは即戦力。

景気が回復してきた、採用数も増加していると聞くと
「俺(私)も結構簡単に転職することができるんじゃね!」
と思う人もいるが、 こう考えるのは残念な人。

(まぁ、多くの転職情報サイトで「誰でも転職できる!」というウソが書かれているので、勘違いをしてしまう人がいるのだろうが、残念だ。)

なぜなら、採用数は増えているものの、
企業が求める「欲しい人材像」は厳しくなったというのが現状だからだ。

上にも書いたように、あくまでも「景気回復の兆し」が見えたに過ぎない。
企業は回復の傾向にはあるもののまだ儲かるようになったわけではない。まだまだ”節約の時期”。
無駄金は使いたくないので、即戦力となる転職者をピンポイントで求めている。

今、求人数が増えているのはグローバル展開、商品やサービスのIT化など、これまで提供してきたサービスのさらなる拡販・展開を目指している企業だ。(求人情報を見ても「TOEIC800点以上」「英検1級取得者」など語学力を持った人材を求めるものが異常に目立つ)

この需要にピッタリな人には好材料と言える求人数の増加だが、それ以外に人にとっては未だに厳しい状況が続いているといった方が良いだろう。 とはいえ、これからの数年間で求人数はどんどん増えていくと予想して間違いないと思う。

採用される人の基準

これまでは即戦力希望と言いながらも企業側が求める基準の60~70%程度を満たしている人であれば採用されることもあったのだが、最近では採用基準のレベルを落とすことなく、「条件を満たさない人材は採用しない」ことを徹底している企業が多い。

企業は確実に成果を出せる人材を探している。

つまり、結果を出せるかどうか少し不安だなというイメージを持たれたら、
その人を雇うことはまずない。少し教育すれば使えるかな・・・という考えはない。

このようなことを考えると、
転職者にとって重要なのは、いかにその企業にとって自分はメリットがある
人材であるかをアピールできるかということになる。

自分は有能だと見せれば良いと言っているのではない。
有能でメリットがあるという見せ方をしないと、本当に有能な人でも落とされてしまうのが現実だという事を言っている。

そのために必要なのは、自分自身と向き合って、今後自分はどうしていきたいのか?という将来のプラン(キャリアビジョンという)をしっかり持つということ。(キャリアビジョンについては別ページで解説しているのでここではサラッと流してもらって構わない)

将来のプラン、キャリアビジョンができれば、転職活動にも自然に軸ができる。
あなたを最大限活かせる業界・職種がどこなのかも見えてくる。

 

軸がブレブレの人はすぐに分かる。
履歴書や職務経歴書に書いていること、面接で話すことに一貫性がないからだ。
面接のプロ人事部や採用担当者なら3分も話せばお見通し。
こんな軸がブレた人というのは企業にとってあまり魅力的ではないし、すぐに結果を出せる人材ではないと考えられることが多い。

結果はすぐに不採用となる。

「自分と向き合うこと」と転職成功は全然関係ないように思うかもしれないが、
実は一番大切なこと。

ここを考えることにじっくり時間をかけていただきたい。


このエージェントを利用せよ!

新しい転職サイト

転職大手インテリジェンスが新しくはじめたMIIDAS(ミーダス)。 簡単入力で、今の自分のリアルな市場価値がわかる。

さらに、「どんな経歴の人が、どんな仕事に、年収どれくらいで転職できたか?」も丸わかりになる。

転職成功までのステップ

転職エージェントを活用する

履歴書・職務経歴書の書き方

面接のテクニック

職種ごとの転職対策

転職を考える前に知っておくべき事

当サイトについて